これはなんですか?犬だしパグだ。

犬デアル事カラノ説明ハ黒パグ(ハチ)の屈辱。しかし飼主に とってはステータスだったりするのである。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それはそれ、これはこれ

他地域で例を見ない超ローカルな郷土芸能なので
誰が上手い何処か凄い、とか言ったところでぶっちゃけたかが知れてるわけですが


部門別優勝とはいえ五連覇(伝承の部・愛好の部・少年少女の部がありワシらは愛好の部に属する)
なかなか経験できることではないと思うの
今年は出番数時間前にメンバーの一人が来れないことが発覚し(毎年起こる現象)
急遽ソロパートを組み替えて臨んだわけで メンバー11人中3人が吐き気、というか吐いてた
吐き気の原因は「連覇がかかってる」これに尽きるわけですが
人の気持ちも考えずプレッシャーを煽る輩がそれに拍車かけてるのも事実なわけで

ま、その輩っていうのは何を隠そうボクなんです(笑)けども(鬼畜)

28nenwin.png

けどね 毎年地元の宴会でがぶがぶやってから参加するのはワシだけなんよね
こっちの身にもなってみろ!ってんだ という話ですよ 酔っぱらってるんですよ
だから緊張なんぞしませんのです 青い顔してる奴らがおかしくて仕方がない
そりゃ弄ります コンクール?それがどうした、素面の気持なんぞ知るかいな!
という感じになるわけです そういうところが我がチームの常勝の秘訣かもしれない()

冗談はさておき
仲間内で気兼ねしながら練習してるようでは頭一つ抜けるのは至難なんですよね
「もっと突き抜けろや」
「音下がってるやんけ」
「その歌い方しつこいわ」
「勢いだけやないか」
「なんでそんな伸ばすん?」
「ほんま進歩ないな」
40人が25人になり 25人が10人前後まで減ってようやく固定した
ワシが代表務めてた4年間なんぞは練習に3人しか来ない、とかザラ
その3人でさえも現在は退団してる もっと別のやり方があったかもしれないし
そもそもワシが居なかったほうがもっと楽しく、もっと質も上がってたかもしれない
実際そういう話をしてる連中が過去に沢山居たのも知ってる、が譲れないのです

本家よさこい、が各地に普及し 良い感じでアレンジされて地域の人々に愛されてる
ってとこまでは賛同できます、しかし
本来の形からかけ離れて、そのかけ離れ具合で競うようになったのでは意味がなく
意味ないどころか本来の形が否定される風潮になってくとか辛抱ならないわけです
終いにゃ全ての「それ」が継承されない事態に行き着く、この世から消えてしまう
当地で長く愛されてる芸能に阿波踊りがありますが
よさこいチームがそれに混じっていき定着し、というところまでは時代の流れと
受け入れていたが、近年は徒歩暴走族と見まがうようなのが増えてきてる
よさこいの「よ」の字もない
たぶん早晩、単なるカーニバルに変ってしまうと思う

亜種に席巻されるとかまっぴら
コンクールで何位だったとか、今回の出来はどうっだったとか
あいつが上手くてこいつは下手だ、とかこういうやり方のほうが受ける、とか正直要らない
「本来こうやるべきだろ」っていうのを体現する事にしか興味がない
だからワシは吐かないし震えない そういう仲間増やすことしか考えない
先代、先々代の師匠にそのように教わってるし誓ってる 繋ぐ使命がある
(だったら酒呑んで唄うなよwwww)

7619_20170426110136fcc.jpg




スポンサーサイト

世界に一つだけのボク

玉葱は順調に育ってます。もう収穫してもいいかもしれない

一方ワシは・・・痩せるサプリ呑んでたら10キロちかく育ってしまいました
もう収拾がつかないですね ダイエットするにも体が重すぎて動けないです



今年は歌の指導係兼会計なので 宵宮は花受付を一人でやってました

花持ってくるのが年寄りばかりなので 車から降りないんですよ
100キロ超のワシが車まで走ってって金一封を受け取ってました
知らん人が見たらワシが車とめて銭せびってるようにしか見えないかもです

290416maturi.jpg
(悪人面+日焼け+サングラス+100キロ=知らない人でも優しくされて困ります)

本宮では一緒に歌いました(奥さんようやくカメラに慣れてきたような)



15番までだんじりあるのに ま~た今年も一番をひいてしまいました

290416isidan.jpg

一番は正午過ぎなので お客さんが少なくて嫌いです 3~6番が混んでてちょうどいい
ちなみにワシはお客が少ないと足が震える性質です 観客が100人切ると声も震える




宵宮の日 ワシが公民館で番してる日に4回歌って
3回もしくじるとはなにごと??
練習が足りなかった?ノンノンちがう
初心者が多くて緊張したから?ノンノンそれも違う
さあ歌おうかってなってからの流れがまったくなってなかったからそうなった
くどいくらいに各パートの確認して、太鼓の子にも曲の確認して
子役の子にも分担確認して、「もうわかってるから大丈夫だから」言うくらいに
してあげないとダメなんですよ
そうしないと誰かがリズム狂ったり、太鼓が打ち損じた時に「止まる」んです
「間違ったかな?」「フェードアウトして誤魔化そうかな」これがシンクロして完全に止まる
指標になる「声」がないとこんなもんです(そうです僕です)
宵宮は居ない、これは早くから判ってたことなのでそのように準備してきました
けれども「だろう」「俺じゃなくても誰かがリードとるだろう」思ってっからこうなった
もう18年も経つのに、いつになったらソリスト現れるんだろう、やってらんないわ









290400ume.jpg

今年からの子役さんに マルにそっくりなのが来ました
言うこと聞かない・何事も自分が一番・喧嘩ばっかりする・じっとしてられない
すぐ飽きる・かまってあげないとすぐ拗ねる・しかし愛嬌があって声だけは天下一品

あれやね、頭の小さい奴って声高いよね 小さいっていうか狭い人(犬)
難産最高~~~~(なんのこっちゃ)

甘くも辛くも無い

本宮

朝5時半集合で6時出発の予定だったが 立ってられないくらいの強風で
7時にずらそうってことになったが風一向に弱まらず
8時半まで待とうってことになり しかし風まったく衰えず
結局出発したのは9時半だった

この時点で二人怪我人が出た 足捻挫と倉庫の扉に指挟んだのと
足やった奴は昨年もやっちまってるし過去に骨折も経験してる
指挟んだ奴は昨年仕事中に靭帯断裂して祭そのものには参加してない
怪我する奴って不思議とだいたい決まってる 緊急の判断が毎度アサッテな感じだ



札一番で境内に練りこむ段取りだったが 札二番が一緒に練らせてくれと言い始め
既に怪我人二人も出してるのでどうかと思ったんだが うちだけだとしょぼいので承諾した 

160419debanmati.jpg

たまには揉めてみるのもいいとも思ったし (接触事故があると乱闘は必至)
ライバル居るほうが盛り上がると思ってそうした 結果、随分気遣われて安全に終わった
舐められてさえいないwwwww   なんでうちはこんなに大人しいのが多いのかな。。。

160419utau.jpg

唄の上手い奴自体は結構多いほうなんだが びっくりするくらい勢いが無かった




160419utau2.jpg

口開けてるが正味唄ってる人間の数が少ない・・・
ベテランは曲そのものに慣れてしまって気が入ってない
若い世代は気兼ねしてるような感じ 
唄い終わって決心した 来年は新曲を入れよう。 慣れも気兼ねもそれで無くなる


160419yoru.jpg

倉庫に仕舞ったのが9時半 最終唄ってから倉庫入るまでだ~れも唄わない
雰囲気は良かった、和気藹々としてた
取締役兼トラブルメーカーのワシが棒から離れるとこういうテンションになるらしい
これはこれでいいような悪いような ま、どっちにしても見守るしか無いんだが。



祭りって難しいわ。

いろいろと退化してきたような

言い訳程度に設えたものまで入れると 淡路島のだんじりの数は300とからしい



全島で15万人、に対してかなり多いように思いますがどうでしょう  500人で一台か 
どこの在所も50~150軒くらいの世帯が銭出しあって所有してると思うが
これ・・・ 一軒あたり30~100万くらい出さないと小屋とだんじりは買えないわけで
普通に考えて気が狂ってますよね 田舎って凄い。



40narabi.jpg

葬式の時に坊さんに包む金額は40万くらいが相場で(初七日込み)
親戚の結婚式には祝儀10万 香典も10万が基本ラインになる これはどこも同じか?
自治会費は半期で一万は払う これは絶対高すぎますよね
自治会入会しない世帯が増えるのも無理はない ないけどバッシングは受けるが。

430guruguru.jpg

これだけでも多少「異常では?」と思って普通の感覚だと思うんだが
世話人のシャンとしない在所だと 若衆が酷くて
獅子舞操りながら地元の店舗や営業所回る際に いきなりドア開けて
「すいませ~ん、ハナ!」 この光景は何回も遭遇してる アホかと思う

『xx地区の祭礼団です いつもお世話になってます』←これが正解
店主や現場の責任者は銭(花)もらいに来たんだと判ってますから名乗るだけでいい
それを「花ください」みたいなこといきなり口にするってハシタナイ。
正月に爺ちゃんに会ったら「あけましておめでとうございます」言うよね
開口一番「お年玉下さい」とは言わんよね 小学生でもね

7692.jpg


伝統守るって難しい。

どこかで見た覚えがあると思ってたら

マルの父親発見。



「語り込み」というパートがあって(近年ワシがよくやってる個人パート)
結構素質のある奴でも5年は唄い込まないとモノにならないんですが
この、マルのお父さんwwwと比べられるほどに成れたなら
「現役じゃ俺が一番上手い」と胸張って言っても差し障りがない まず滅多に居ないと思うが






429gotaimen.jpg

ワシもコイツみたいに成りたかったんですが いまひとつ線が細くて別のモノになってしまった
(声質的に線が細いって話ね)
話し声聴いただけで嫌になってくる 声が太くて高くて深い、ナチュラルに淀む 全く敵わない。



429uwaaaa.jpg

この帽子のオッサンは 人格に問題があって大そう意地悪で性根がゲスイのですが
まだ言い足りないくらいですが とにかく唄が上手い 三味線のような声を出す
「人の声とはどういう要素で決まるのか?」について色んな本を読み漁ったことがあるが
その切欠はこの帽子の嫌なオッサンの声だった。
すいません判りにくかったですね 《訂正:この人格に問題のある底意地の悪いオッサン》


429umdoujyou.jpg

本日は市の主催する「だんじり祭」です 
ほうぼうからだんじりが集まって 練ったり唄ったりします 
練るのは見物したが唄は聴かずに帰った オリジナルすぎて聴く気になれない
同一の郷土芸能ですが発祥地が二つあって 市の祭りに来てるのは別の発祥地が殆どで
そっち聴くと感が狂うので聴かないことにしてる 上手いのは上手いが真似したくはないので


429tk.jpg

初めて聴いた「だんじり唄」はこの祭礼団のOB連が唄ってたもので(カセットテープ)
そりゃもう見事で なに言ってんのかぜんっぜん判らなかったんだが虜になった


429otabi.jpg

エンジの法被の祭礼団は 唄の師匠がウチと同じで兄弟子的な集団になる
実力的にピークの世代が唄ってたビデオテープがあり 切れるまで再生して聴きこんだ
だんじり唄とはなんぞや?を教えてくれたのは先の黒い法被の祭礼団で
だんじり唄にはこういう聴かせかたもあるのだ、を教えてくれたのはエンジの祭礼団

どちらもワシにとっては「唄の親」です 


親の壁の厚さよ。

噛み合わないのねこれがなかなか。

自治会の枠の中に祭礼団(祭礼保存会)がある
しかし出立の際に団長が自治会長差し置いて挨拶しちゃったので いきなり暗雲が。。。

420dai.jpg

たったこれぐらいの事で 一日中ギクシャクするのもどうかと思うが
ギクシャクするんだなこれがwww 
在所あげての一大イベントなので(出立の際はたくさんの人が集まる)
何処の在所でも自治会長から激励の言葉を賜るのがスタンダードになってるんだが
舞い上がってしまった団長は諸々の段取りをすっ飛ばしてしまった
結婚式に勤務先の社長招待して スピーチ無し(゚д゚)?の状況に似ます 

420harutyan.jpg

ま、そんな小さなこたぁ どうでもいいんだが

食事の殆どが揚げ物メニューなのに ソース持って来てないとか無いわ
おかげでマジギレしたワシ→若い奴が気を遣ってソース買いに行く→ウスター!!!(怒)
何の罪も無い若者が家に帰っちゃったじゃないか! どーしてくれんだ!

とんかつやろっ!そこは。



そーゆーわけでコンニチワ~ ソース如きで嵐を呼ぶ器の大きなナイスガイ僕です。


420igano.jpg

ワシは心が広いので 宵宮の日に縄張り荒しに来た輩たちにも配慮を忘れません


420hasyagu2.jpg

「もう、ほんとうにいいからっ」と言われるまで付き纏います

「もう(昨日の事はシャレなんだから水に流してくれ)ほんとうに(迷惑だからそういうの)いいから」
多分こういう意味合いで言ってるのでしょうが ワシは寛大な男なので聴く耳持たない
「押すなよ、絶対に押すなよ」と言われたら押してあげるのが人情ですから

420hikage.jpg

境内に入ったら
半分の人員はお寺の一角借りて食事済ませて もう半分はだんじり傍に待機するんですが
シート持って来てない・・・ ソース持って来てないうえに地べたかよ・・・
オマエラ風情は地べたに座って味の付いてない天麩羅でも食っとけって話ですね判ります
「ケチャップはあるよ」(笑)
何処の世界にゲソ天をケチャップで食す民族が居るのでしょうか
とんかつソース一本で空気悪くしてくれちゃってほんとうに困ったものです






420toke1.jpg

w。

420tokekomu.jpg

馴染み過ぎる。 (二匹は無理なので 今回はハチは自宅待機になります)







ウチのだんじりの水引は 平均的な水引の倍の値段で設えてます
ハッキリ言ってそれだけが取り柄で 唄は下手だしだんじりの扱いも下手くそ 統制もとれてない

420tutui.jpg

役員も若衆も^お客さん^気質で 「さあ担ごうか」という雰囲気にはならない

道中で知り合いや家族に会ったら平気で持ち場を離れる奴が非常に多い
歴史が浅いってのは色んな場面で影響します 道具だけイッチョ前で尚更格好悪い


420ikunoka.jpg

カッコよすぎるわコイツラ。




420tukareta.jpg

伝統守るのも大変だけど 伝統作るもなかなかに難しい。



まずはとんかつソースの必要性について語り合わねば(しつこい)

土曜干し?

本日は だんじり土用干しの日


(こんなド派手な提灯つけてるだんじりは滅多にない)

45件で6000万集めて作っただんじりなのに 土用干しに来たのはたったの9人
その中で50前のワシが3番目に若いwwwwwwww  どないなっとるwwwww


726bou.jpg

この「掻き棒」は初年度に「短いのではないか」という声があがり
たった一回祭りに出ただけで現行の物に買い換えられた品物 
以後「お金とモノの村」というレッテルを貼られています (暗に人無し、と揶揄されてるのね)


726mizuhiki.jpg

当初は3000万かけて作ろう、という意見が濃厚だった「水引」
結局、倉庫の新築費が思いのほか嵩張るってことでスケールダウンされました
とはいえ1700万です 安価なスタンダードタイプなら3つ買えます。


726dai.jpg

一基250万の太鼓 2つ持ってる村は滅多に無いらしい
毎年春になると「売って欲しい」と他所の村の世話人が来ます まず売らんが。
なんで要りもせんのに2つも買ったのか? 誰に聞いても謎ですwww



726syashin.jpg

年一回の土用干しにかかさず参加してるメンバーは 
「36年ぶりでだんじり復活させよう!委員会」(ワシは事務局)の面々ばかり
だんじり二世世代とか当時子供だった人たちはメンテ系呼び出しには出てこない
そんなこったから「お金とモノの村」って言われるのにね この先どうなるんだろう。



726huton.jpg

嘆かわしいのは嘆かわしい しかしモノがあるだけマシな村、ということで良しとしときましょう




「そんなこったからお前はいつまでも歌が下手なんじゃい!」 が また来年も使えるwww


このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。