これはなんですか?犬だしパグだ。

犬デアル事カラノ説明ハ黒パグ(ハチ)の屈辱。しかし飼主に とってはステータスだったりするのである。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう11月かよ

再就職して二か月、10キロ以上体重が減りました(ワシの話)



暴風雨の日こそ休めない仕事なので 暴風雨の日に田んぼが放ったらかしになります
おかげで玉ねぎの苗床が一部冠水してしまい流されてしまいました
早生品種の七宝は大きくなってたので幸い免れてますが。

20171031naedoko.jpg

お客さんの少ない7時~9時と15時~17時の間に集中的に作業をこなします

20171031saisyuu.jpg

コースに車乗り入れるのはよっぽどじゃないとやらないので 結果歩く量が半端なく、なので痩せます
地下足袋を履くことが多いのですが一足目は一か月持たず破れてしまいましたよ(無いわ)
グリーン上ではスニーカーに履き替え作業し、早朝は露が多いので長靴を履いて作業してます

とはいえ一人で農作業してること思えば 内緒ですがぜんぜん楽です屁の河童です
重いものを運ぶ作業がほぼなく、早さより丁寧さを求められるので体は辛くありません
ただし一発勝負的な技術を要求されるのでそこが精神的に厳しく、消耗が激しいんですね
ちょいとミスると怒号が飛んできます
ワシ「言うて一か月やし、そんな上手くできないっすよ」
先輩『阿呆!一か月もやったら一年やっとるのと同じじゃ!』
という極めて理不尽な理論が展開されます(苦笑)
ほんとに気が抜けません、離れた場所で誰かがやってる作業でもチラ見しておかないと大変
一緒の現場にいたから「できるはず」「知ってるはず」という体で作業を任されるわけです
その場合、誤って上手くこなせてしまうと今度は一人で現場に放り出されます
(そりゃ痩せるわ)
高齢者の多い職場はマジ恐ろしい。

20171031miharasi.jpg

来月はもう三か月目になるわけです
先輩の説だと「三年やってるのと同じ」ということになりますので中堅クラスってことですね
ですので中堅クラスの要領でいかにうまくサボるか。を極めていこうかな、と考えてます
スポンサーサイト

毎朝5時起きな日々

ほぼ無償で借りてる農地が60a 自前で70a
 計1.3㏊中1.2ha.が整備工事中なので農業ができません(完了は来春三月の事業)
2017gakusa.jpg
しかも工事完了後は農地の持ち主が買い取りを希望してますのでそれらは手放すしかありません
(全部買い取るとなると1000万以上必要、当然ワシにそんな大金は用意できない)
仕方がないので玉ねぎ専の兼業農家を目指すことになりました

もう50越えちゃったし10年以上雇用された経験がないので今更就職とか無理かも?と
思ってましたが、世は空前の人で不足(求人率1.7倍らしい)とかで
ハロワに登録したその日に1社面接申し込んで、そのまますんなり採用になっちゃった
2017datyokugeki.jpg
ゴルフ歴がある・林業経験がある・現役の農家である・接客の経験が豊富、という点が
マッチしてたんでしょう、一年更新のバイトで申し込んだのに正社員採用となりました
そんで1日から働きはじめたわけですが・・・もう、アレです・・・
早くもワシの刈ったグリーン、掘ったカップでお客さんがプレーしてるの()
人手不足過ぎやしませんかね(苦笑)寿司屋で例えたら一か月目でトロ握って出してるレベル(無いわ)
農機具に比べて多少進行速度は速いんですが操作手順がほぼ同じでしたので
直ぐにコツ掴んじゃいました、とはいえ熟練者と比べれば酷い腕前なのは自覚してますが

ティーから30ヤードの距離で顔面直撃⇒奇跡的に無傷、ということがありました
メガネの角に当たっておしまい。メガネもワシもまったくの無傷
そういうわけで現在はヘルメットおじさんに変身しています、頭に被弾したらイチコロですし

20170930nihiki.jpg

ちなみに奥さんも初夏に転職してます、生きてくって大変。。。








何兆円産業?

香典諸々で120万、死亡保障で50万、市の弔慰金が5万=175万
「おお、こんだけあったらイケるか」と思ったが

葬儀費用(ちゃのこ+弁当代+初七日混み)100万《見積もりは当てにならない》
坊さん40万《当地の相場》
初七日後の会席20万
これでだいたい吐き出す形になり、以後は出費過多になってく流れになる

三か月またぐと良くないと言われ、四十九日前倒しして三十五日と合体
再び「ちゃのこ」と「会席」と「坊さん」の費用がかかってくる
それに加え「満中陰志」これがデカい(親父もワシもこれが頭になかった)
多分合切で80万は要る、貰うものもらっても60万以上は吐き出すのは確実
納骨はほんとの四十九日にやる予定でそっちも幾らかは要るはずで
結論:オープン形式の葬儀行うと150万は用意しておかないと乗り切れない
参考:家族葬、密葬にしたって100万は要るのだよ(奥さん談)
教訓:葬祭に関して積極的な発言する親戚は早めに釘刺しておくこと








買った記憶ないのにボディソープやコンディショナー、変なサイズのアタックにエコな天ぷら油
年がら年中押入れに一杯な理由が判ったわ・・・
葬儀関連は今や日本の一大産業なんやね。

享年82歳



昨年の今頃に 顔色悪いんちゃうか?ということで診察してもらったら黄疸でした
もうちょっと詳しく検査したほうがいいよと言われて 結局ガンだった
三月までもつかどうかって話でしたがなんとか頑張って六月を越してくれた
玉ねぎの収穫と田植えが重なる時期が六月で
顔見るたびに言ってた「おかん、六月は勘弁してくれよ」は私達親子の鉄板ネタでした

初七日の後の膳で「すいません、喪主とか慣れてなくって上手く挨拶できないです」
かるいギャグですがこれ誰しも本音でしょうね 人生で何回も経験できない役目なので。

遺影はワシの一存で選びました
「もっと若い時のほうがいい」「きれいにしてる時の写真使ったら」いろいろ言われたが
日焼けして頭ぼさぼさのを選びました 百姓の婆さんの日常こそオカンそのものです。



隣村の宵

今週の雨は結構暴風を伴うのが多くて 桜はあらかた散っちゃいました



本日は隣村の賀集の宵宮を見に行ってきた

160410hipparu.jpg

何日も前からだんじりを組み始めて 宵宮の朝に組み上げます

本宮の日は学生や帰省組が加わるが 宵から参加してる面子からすりゃお客さんで
適当な時間になったら消えてしまうので賑わいでしかないわけで
その賑わい連中が告知なく知り合い連れてきて つまらない諍いが起こる事が多い


160410yokome.jpg

よそ者として参加する場合 酒なり祝儀なり届けて「本日はお願いします」
ぐらいは言わなきゃダメだ 
礼儀として、というのもあるが急性アル中とか巻き込まれて怪我とかなった際に
対応できないのでそうすべき
何年か前に中学生が事故で死んだんだが 掻き手がよそ者ばっかりで
統制がとれてなくてそうなった 結局自治会が賠償する羽目になった


160410jinjya.jpg

神社総代の面々 この人らは各地区から選出されて世話人をやってる
地区ごとに(30軒~150軒)10万~20万くらい神社に上納してます
うちだと17万円 だんじりあろうがなかろうが氏子集落は毎年この額を払ってる
田舎の自治会費がやけに高いのはこのせい(25千円は痛いわ)


160410paku.jpg

屋台のアイスは200円  高いのに安く感じる不思議


レンズ買わなくちゃいけない(と独り言)

学びの里って施設があって 普段は入れないらしいんだが、たまたま通りかかり
たまたま解禁されてて初めてお目にかかれた

manabinosato.jpg

おそらく1キロくらいは並木群が続いてたと思うが 
手持ちのカメラではどうしようもなく(引いて撮るのが出来ない立地)
たぶん淡路島で一番の花見どころのように思う 
この光景が奥へ行くほど厚みを増していく感じで、超広角が欲しいなと(言えないw)


momokawamanabinosato.jpg
見分けつくはずもないが、こちらは一宮町(淡路市)の香りの里公園の桜


眼下には田園風景?・・・かと思ってたが牛舎が間近に見えて驚いたがね。
kenkaori.jpg

淡路市(旧津名郡)は昔から畜産、切花などが盛んで
神戸牛、松坂牛の何割かはこの地から出てます(最終的に出荷した産地がその牛の産地)
カーネーションはほぼ独占らしい

yamada2.jpg

賀集八幡→神代諭鶴羽ダム→イングランドの丘→山田村川岸→江井桃川→柳沢
こういう感じで「誰が判るんじゃい!!凸(゚皿゚メ)」(淡路島を北上一途)
二日かけて見て回ったわけですが
一番見事だったのはコイツ↑小さな祠の横にぽつんと・・・




たった一本でこのボリュームって凄いわ。 

ありそうでなかなかない 丸二日も桜見て回ったワシが言うんだから間違いない
ってか祠が小さいのが良い 


山田村入口あたり(だったような)




ワシだけ健康で申し訳ない、と最近よく思う。

:昨日の流れ:
AM9時にケアマネさんから電話→本日の通院スケジュールについて説明
AM9時半に出張看護師から電話→本日の診察の詳細について説明
AM11時半に母親連れて出発
正午過ぎに到着→血液検査、血圧測定済ませて食堂で昼食
この間、二度姉から電話くる、時間が押してる事の説明をする
(本来なら2時半から点滴が始まってる段取り)
15時に処置室で点滴の準備、担当医師による診察
15時半にそれらが完了、姉が交代に来る。ワシは帰宅
18時、姉から点滴が追加になったと連絡が来る
18時半、ケアマネさんから来週の予定を訊ねられる
21時、これから帰る。と連絡が来る
22時、姉到着。母親を寝室まで運ぶ
(諸々の乗り降り、移動は全部ワシが抱きかかえて)

こういう感じで週に一日は完全に潰れる
市場は週二日休みで隔週で水曜日と毎週日曜日がそれ
以前は木曜日が通院日だったので、木曜を取られるワシは金曜の出荷が出来ず
土曜は農協(荷受)が休みなので、これだと収穫出荷の流れが週に一回しか作れず
せっかく育った作物を見切るケースが多かった、なので変えてもらった

で、だったら週六日は実働できそうなものですが
遠方から突然の見舞い客とか、福祉課、ケアマネ、看護師、姉などからしょっちゅう
確認の電話がくるので、作業がコマ切れになって進んでいかない
ケースによっては急遽帰宅して諸々話し合うこともある

ニュース観てアホかいなと思ってたが 介護倒れ、介護で失職ってこれ起って当り前やね
うちの場合、親父が健康で、姉は午前しか勤めてなくて、ワシが農業で
ケアマネは高校の同級生で(これはデカイ、他所のケース見るとつくづく思う)
だからなんとか回っていってる
もし、他に家族居なくて自営業じゃなくてケアマネとの関係が希薄だったとしたら
まとまった金がなきゃどうにも解決できないと思う
気安い料金の施設は何処も満杯で見込みが無く、積極的に受け入れてくれる施設は
ワシの年収に迫る金額が必要になってくる。並以上の家庭じゃなきゃそんなん無理だ



最近つくづく思う事がある
薪割り少年

健康ってありがたい(人生で入院したのは累計で5日)
健康に産んでもらって本当にありがたい。
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。