これはなんですか?犬だしパグだ。

犬デアル事カラノ説明ハ黒パグ(ハチ)の屈辱。しかし飼主に とってはステータスだったりするのである。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何兆円産業?

香典諸々で120万、死亡保障で50万、市の弔慰金が5万=175万
「おお、こんだけあったらイケるか」と思ったが

葬儀費用(ちゃのこ+弁当代+初七日混み)100万《見積もりは当てにならない》
坊さん40万《当地の相場》
初七日後の会席20万
これでだいたい吐き出す形になり、以後は出費過多になってく流れになる

三か月またぐと良くないと言われ、四十九日前倒しして三十五日と合体
再び「ちゃのこ」と「会席」と「坊さん」の費用がかかってくる
それに加え「満中陰志」これがデカい(親父もワシもこれが頭になかった)
多分合切で80万は要る、貰うものもらっても60万以上は吐き出すのは確実
納骨はほんとの四十九日にやる予定でそっちも幾らかは要るはずで
結論:オープン形式の葬儀行うと150万は用意しておかないと乗り切れない
参考:家族葬、密葬にしたって100万は要るのだよ(奥さん談)
教訓:葬祭に関して積極的な発言する親戚は早めに釘刺しておくこと








買った記憶ないのにボディソープやコンディショナー、変なサイズのアタックにエコな天ぷら油
年がら年中押入れに一杯な理由が判ったわ・・・
葬儀関連は今や日本の一大産業なんやね。

スポンサーサイト

享年82歳



昨年の今頃に 顔色悪いんちゃうか?ということで診察してもらったら黄疸でした
もうちょっと詳しく検査したほうがいいよと言われて 結局ガンだった
三月までもつかどうかって話でしたがなんとか頑張って六月を越してくれた
玉ねぎの収穫と田植えが重なる時期が六月で
顔見るたびに言ってた「おかん、六月は勘弁してくれよ」は私達親子の鉄板ネタでした

初七日の後の膳で「すいません、喪主とか慣れてなくって上手く挨拶できないです」
かるいギャグですがこれ誰しも本音でしょうね 人生で何回も経験できない役目なので。

遺影はワシの一存で選びました
「もっと若い時のほうがいい」「きれいにしてる時の写真使ったら」いろいろ言われたが
日焼けして頭ぼさぼさのを選びました 百姓の婆さんの日常こそオカンそのものです。



隣村の宵

今週の雨は結構暴風を伴うのが多くて 桜はあらかた散っちゃいました



本日は隣村の賀集の宵宮を見に行ってきた

160410hipparu.jpg

何日も前からだんじりを組み始めて 宵宮の朝に組み上げます

本宮の日は学生や帰省組が加わるが 宵から参加してる面子からすりゃお客さんで
適当な時間になったら消えてしまうので賑わいでしかないわけで
その賑わい連中が告知なく知り合い連れてきて つまらない諍いが起こる事が多い


160410yokome.jpg

よそ者として参加する場合 酒なり祝儀なり届けて「本日はお願いします」
ぐらいは言わなきゃダメだ 
礼儀として、というのもあるが急性アル中とか巻き込まれて怪我とかなった際に
対応できないのでそうすべき
何年か前に中学生が事故で死んだんだが 掻き手がよそ者ばっかりで
統制がとれてなくてそうなった 結局自治会が賠償する羽目になった


160410jinjya.jpg

神社総代の面々 この人らは各地区から選出されて世話人をやってる
地区ごとに(30軒~150軒)10万~20万くらい神社に上納してます
うちだと17万円 だんじりあろうがなかろうが氏子集落は毎年この額を払ってる
田舎の自治会費がやけに高いのはこのせい(25千円は痛いわ)


160410paku.jpg

屋台のアイスは200円  高いのに安く感じる不思議


レンズ買わなくちゃいけない(と独り言)

学びの里って施設があって 普段は入れないらしいんだが、たまたま通りかかり
たまたま解禁されてて初めてお目にかかれた

manabinosato.jpg

おそらく1キロくらいは並木群が続いてたと思うが 
手持ちのカメラではどうしようもなく(引いて撮るのが出来ない立地)
たぶん淡路島で一番の花見どころのように思う 
この光景が奥へ行くほど厚みを増していく感じで、超広角が欲しいなと(言えないw)


momokawamanabinosato.jpg
見分けつくはずもないが、こちらは一宮町(淡路市)の香りの里公園の桜


眼下には田園風景?・・・かと思ってたが牛舎が間近に見えて驚いたがね。
kenkaori.jpg

淡路市(旧津名郡)は昔から畜産、切花などが盛んで
神戸牛、松坂牛の何割かはこの地から出てます(最終的に出荷した産地がその牛の産地)
カーネーションはほぼ独占らしい

yamada2.jpg

賀集八幡→神代諭鶴羽ダム→イングランドの丘→山田村川岸→江井桃川→柳沢
こういう感じで「誰が判るんじゃい!!凸(゚皿゚メ)」(淡路島を北上一途)
二日かけて見て回ったわけですが
一番見事だったのはコイツ↑小さな祠の横にぽつんと・・・




たった一本でこのボリュームって凄いわ。 

ありそうでなかなかない 丸二日も桜見て回ったワシが言うんだから間違いない
ってか祠が小さいのが良い 


山田村入口あたり(だったような)




ワシだけ健康で申し訳ない、と最近よく思う。

:昨日の流れ:
AM9時にケアマネさんから電話→本日の通院スケジュールについて説明
AM9時半に出張看護師から電話→本日の診察の詳細について説明
AM11時半に母親連れて出発
正午過ぎに到着→血液検査、血圧測定済ませて食堂で昼食
この間、二度姉から電話くる、時間が押してる事の説明をする
(本来なら2時半から点滴が始まってる段取り)
15時に処置室で点滴の準備、担当医師による診察
15時半にそれらが完了、姉が交代に来る。ワシは帰宅
18時、姉から点滴が追加になったと連絡が来る
18時半、ケアマネさんから来週の予定を訊ねられる
21時、これから帰る。と連絡が来る
22時、姉到着。母親を寝室まで運ぶ
(諸々の乗り降り、移動は全部ワシが抱きかかえて)

こういう感じで週に一日は完全に潰れる
市場は週二日休みで隔週で水曜日と毎週日曜日がそれ
以前は木曜日が通院日だったので、木曜を取られるワシは金曜の出荷が出来ず
土曜は農協(荷受)が休みなので、これだと収穫出荷の流れが週に一回しか作れず
せっかく育った作物を見切るケースが多かった、なので変えてもらった

で、だったら週六日は実働できそうなものですが
遠方から突然の見舞い客とか、福祉課、ケアマネ、看護師、姉などからしょっちゅう
確認の電話がくるので、作業がコマ切れになって進んでいかない
ケースによっては急遽帰宅して諸々話し合うこともある

ニュース観てアホかいなと思ってたが 介護倒れ、介護で失職ってこれ起って当り前やね
うちの場合、親父が健康で、姉は午前しか勤めてなくて、ワシが農業で
ケアマネは高校の同級生で(これはデカイ、他所のケース見るとつくづく思う)
だからなんとか回っていってる
もし、他に家族居なくて自営業じゃなくてケアマネとの関係が希薄だったとしたら
まとまった金がなきゃどうにも解決できないと思う
気安い料金の施設は何処も満杯で見込みが無く、積極的に受け入れてくれる施設は
ワシの年収に迫る金額が必要になってくる。並以上の家庭じゃなきゃそんなん無理だ



最近つくづく思う事がある
薪割り少年

健康ってありがたい(人生で入院したのは累計で5日)
健康に産んでもらって本当にありがたい。

誰とも話したくなくなる時。 もある

母親が完全に歩けなくなったので 介護出張風呂・介護タクシーのサービスを追加した
これにより従来でも物凄くややこしかった連絡網が更にややこしくなった

介護ヘルパー派遣+風呂もやってます
介護ヘルパー派遣+タクシーもやってます
介護だけです
この三つと看護師派遣と病院二つと行政の部署と あたりまえだが別々に連絡が来る
それでもワシが直接連絡取れば問題ないんだけど
姉(一方の病院に勤務)や父親(単語しか拾わない老人)を介するケースも多く
例えば・・・

出張風呂の手続きに行きます、が→今日は母親を風呂に入れる日だ(父)
先に契約交わさなきゃ何もできない、というのをいい加減理解してほしいわ!

退院の予定についての話し合いを、の時も同じ現象があった
退院のことについての話、とは 介護ヘルパーどうするか、食事はどうするか
薬は何処でもらうか、とかなんですが「退院」以外耳に入ってないので困った

父親がヘルパーと何回も揉めてる、というのを耳にしていたが放っておいた
ワシはケアマネ以外とは接触しないようにしてる、なんでかってーと
全体の情報入ってくるのはケアマネだけだから、です
家建てるのに佐官屋の話だけ聞いてたらどうなるか、みたいなことになるからです
内装工事屋や基礎専門の土木屋なんかもそう、個別に対応してたらこんがらがる
設計士しか全体を把握してないんですから




で、父親が何で文句言ってるのか→作ってくれてる食事が淡白すぎる
アホかいな。。。
医師推奨の内容で栄養士が献立考えて、それに従ってヘルパーさんが食事作る
当然味は薄くなるし脂分も抑えられる、病院食の極みなものが出来上がる
ってか、母親が高齢な割りに大食だってことで(そういう設定にしてる)多めに食事が
用意されて、けど余っちゃったから親父が仕方なく食べてるって体なのに
旨いだの不味いだのと何言っちゃってるのでしょうか? 食ったらダメな立場なのに
旨いもの食いたきゃ外に行くか買ってこいって話でしょ、そーでしょ。

同居の家族は介護ヘルパーのサービスは受けられないのです(当り前の話)




ステージ4は「末期」ではありません<医師
4イコール末期だ<介護関係者
脂分を抑えた食事を推奨します<医師(立場上そういうしか無い)
脂分のない食事を用意しなくちゃ<介護関係者(立場的に仕方が無い)

病状的に脂分は抑えたほうがいいけど、ぶっちゃけ治る病気でもないんだから
食いたいものがあればほどほどに食べてください、ってのが医師のニュアンス
これについて責任もって当るのは家族の役目で、ヘルパーさんには関係が無い
補助金出てるから時給何百円で来てくれてるだけで、彼女らの仕事内容はその何十倍の
値打ちがある、そのこと理解して接しなければ今後もゴチャゴチャと揉めるだろうね


老人が老人の面倒看る構図ってのは今後増えるんでしょうが、これもう二次災害必至だね。

生きてるけど死にかけwww

一箱600円未満の安値だが、出荷しときゃ幾らか銭になるだろうとゆーことで
試しにキャベツを70ケースほど出したわけですが→入金額は一万ちょっとしかなかった・・・

ブロッコリーは3ケース出荷して後 収穫するのをやめた
キャベツ8個入りで収入が200円までくらい 
ブロッコリーは20本入れるんだが700円の相場じゃ単なる奉仕になってしまうので×
頼みのレタスは急に虫が湧いてアウト 希望の星の白菜はアブラムシ(初めての事)

結局、米出荷して以来ほぼ無収入なわけです、で どーやって暮らしてるかって
飯米売って生計立ててるわけですよ(もっこさん、お米ガチで助かったわ)



ドつぼの12月だったんですが相場の底が続いた後に天井が来る事は多いので
1,2月採れのブロッコリー、キャベツに望みを託しています

151228hakusai.jpg

病院とかヘルパーさんとか看護師(出張)さんとか、やたらと打ち合わせが多くて
義父は入院するわ親父は皮膚病が重くなるわでアレですわ、もうなんもかんも間に合わんの

農業って結構、暇な時間多いんですが ここ一番って時に手が打てないとどうにもダメです
いくら時間あってもダメです
雨降りそうだなってなったら先に耕してしまうとか、殺虫剤散布するとか、水捌けとか
色おかしいなって思ったら液肥やってみたり土寄せして根を守ってあげたり、とか
そういうのをマメにやってかないと何もかもオジャンになってしまいます
状態が悪くなってから何してもダメなんです、高い時にまとめて収穫するとかもそう。


151228kuruma.jpg

犬もそうです 躾けるべき時期に放置してると後で随分手を焼く事になる
マルにハーネスつけるのが物凄く困難になってしまいました
爪切る時ぐらいのテンションで拒否しやがります タイミングって大事ですね




ファッキュー暖冬!&良いお年を。。。
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。