これはなんですか?犬だしパグだ。

犬デアル事カラノ説明ハ黒パグ(ハチ)の屈辱。しかし飼主に とってはステータスだったりするのである。

困った事に・・・

すまん

早生玉葱が ほぼ全滅に近い状態でダメです
ワシんとこばかりがそうなんじゃなく 全体的にネギ坊主の発生が凄まじくて
出荷できないものが多く、出荷できても加工用扱いになるようなのが殆どです
(ネギ坊主玉葱は茎が異様に固く スッカスカになる)
とてもじゃないが日に何十ケースも出せる状態じゃないです 通販は対応できない
ほんとに申し訳ない こんなもの売れません。 トホホだ。








コンクール三連覇が効いたのか 今回はライバルたちが本腰入れてきた感じで
それぞれ相当に出来が良かったので 「今回はさすがに無理だな」と(マジで)
しかし出演順が最後だったせいか もうアレです、皆必死でギリギリまで攻めたわけ

嫁空気を

すみません(謝ってばかりだな) 4連覇してしまいました
多分、多分なんですけどワシが良かったんじゃないかなと思います(いいえ違いますby外野)

外題が変る度、配役とかパートをごっそり変えると審査員に評価されやすい という説がある
何人かの上級者にパートを重複して演じさせるより分散させたほうが評価されやすい とか
アレンジしすぎたり古典の要素を排除しすぎたりすると反感を買いやすい とか
コンクールで勝とうとするならこれらは頭に入れておくべきと思ってる

審査委員長は言う「だんじり唄はどのように唄おうが自由です」 これは建前
自由ではあるが古典をないがしろにするのは好まないのです 立場上言えないが。
このような形で伝承されて欲しい、このような節回しが広く愛好されれば、てのがある
そこを汲まなければなんぼ上手くても評価されない カラオケの延長じゃダメ



それにしても困ったな玉葱・・・。




真ん中の肥ってる人については気にしないで下さい



スポンサーサイト

甘くも辛くも無い

本宮

朝5時半集合で6時出発の予定だったが 立ってられないくらいの強風で
7時にずらそうってことになったが風一向に弱まらず
8時半まで待とうってことになり しかし風まったく衰えず
結局出発したのは9時半だった

この時点で二人怪我人が出た 足捻挫と倉庫の扉に指挟んだのと
足やった奴は昨年もやっちまってるし過去に骨折も経験してる
指挟んだ奴は昨年仕事中に靭帯断裂して祭そのものには参加してない
怪我する奴って不思議とだいたい決まってる 緊急の判断が毎度アサッテな感じだ



札一番で境内に練りこむ段取りだったが 札二番が一緒に練らせてくれと言い始め
既に怪我人二人も出してるのでどうかと思ったんだが うちだけだとしょぼいので承諾した 

160419debanmati.jpg

たまには揉めてみるのもいいとも思ったし (接触事故があると乱闘は必至)
ライバル居るほうが盛り上がると思ってそうした 結果、随分気遣われて安全に終わった
舐められてさえいないwwwww   なんでうちはこんなに大人しいのが多いのかな。。。

160419utau.jpg

唄の上手い奴自体は結構多いほうなんだが びっくりするくらい勢いが無かった




160419utau2.jpg

口開けてるが正味唄ってる人間の数が少ない・・・
ベテランは曲そのものに慣れてしまって気が入ってない
若い世代は気兼ねしてるような感じ 
唄い終わって決心した 来年は新曲を入れよう。 慣れも気兼ねもそれで無くなる


160419yoru.jpg

倉庫に仕舞ったのが9時半 最終唄ってから倉庫入るまでだ~れも唄わない
雰囲気は良かった、和気藹々としてた
取締役兼トラブルメーカーのワシが棒から離れるとこういうテンションになるらしい
これはこれでいいような悪いような ま、どっちにしても見守るしか無いんだが。



祭りって難しいわ。

下手くその上級者への道程は・・・


宵宮


亀岡八幡氏子15ヶ村中で 最もくじ運に恵まれてるような気がする
一番じゃない年でも三番とか五番とか不思議と早い順番が多い
うちが目の仇にして(されてもいるが)いる隣の在所は十何番てのが変に多く
今年も十一番。。。

・・・ってか、だから仲が悪くなったのかもしれないwww


160418zaisyo.jpg






160418kita.jpg

なるべくたくさんの人にスポットライトが当るように 巧拙は二の次
祭りの後に各々の家庭で会話が盛り上がるように、という趣旨で面子組むのが当方

一方向うは巧拙が唯一の基準で 拙けりゃ何年待っても出番はない
17年前にだんじり新調した際に主演してた奴が今年も主演で複数の役柄を演じる
雰囲気冷え冷えの原因はそこ一点なんだが 質(唄)を維持したいって気持ちは判る
判るが発想が近視的なんよね 長く存続させることを一番に考えなきゃとワシは思う


160418kitasyou.jpg

今年は二十代が随分増えたので ワシは旗振りにされてしまった(ほっかむり)

「なんじゃい!ワシに旗振りせえちゅうんかい!怒」(歓喜)
言ってみたかった台詞の第1位ですわね 

後は3,40代 前は20代オンリー 
17年目にして理想の陣容になった 押して押し捲くる前 それをコントロールする後
地味だが難易度の高いパートを唄うベテランと単純だが華のあるパートを受け持つ若手
積み重ねてきたものが結果につながりつつある


160418yakuouji.jpg

とはいえ 常に誰かがやらかす(唄)ので常に胃が痛いww

物語の(だんじり唄は芝居の一場面を演じ、唄う)流れとか役柄の意味が判ってない
人の話ぜんっぜん聞いてない これだけはやるな、ってのを次々繰り出す
この点不仲なお隣さんに大きく劣ってる OBを持たない集団の弱みか

「なんかしらん・・・ 今日は上手く唄えなかったな」
「そうだ!こういう感じで唄ってみたらいいんじゃないのか!」
て思ったらそれと逆のことをやれや!!
おまえらの判断は常に正解の真逆やねんwwwww


(ダメな唄方あるある)
音に迷うと高いほうを選ぶ→収拾がつかなくなり迷子が迷子を生産して共倒れ
正解は低いほう選んで段階的に上げていく、コブシもつくし迷子も生まない

(非常にダメな唄方にありがち)
勢い込んで無駄に前半部分を伸ばしてしまう→着地地点を見失う
正解は尺を変えずに細かく音階を分ける、冗長な歌唱は本人以外には苦痛

(おまえ一回医者行って来いや)
なにがなんでも音面をつける→学芸会・・・
正解は、殺す部分は殺せ
関東の人が主演で大阪人演じた時の大阪弁、のような事態を起こしてはいけない
(無理やり大阪弁ぽくしようとして標準語に近い語句にもイントネーション強める所作)


耳掃除してもらえる相手探せ。 て話





己が下手さを知りて一歩目。。。

オッサン対オッサン

日頃よく関わる年齢群だからかもしれないが やっぱり団塊世代ってめんどくさい
それより上の世代の方がシンプルで素直だし、ゆとり(笑)がとか言われるが
ゆとりのほうがぜんぜん質がいい 前から思ってたことだが最近再認識した

マル投げ世代と言うべきか 口は出すが尻は拭かないってのが団塊組には多い

自治会連合会の発案で宵宮を地元のお寺の境内でやろうじゃないか。となり
(普段は公民館の駐車場とか工場の空き地とかで宵宮の集まりを行う)
(子供らの安全、観客の安全、利便性を考えてそのようにしてる)
しかし警備については「各祭礼団でうまくやってくれ」←出来るかいな・・・
本宮の前日なんで忙しいのだ我々は。
花受付とかだんじり組立てとか本宮の飲食物の用意とか法被の管理とか
そういう雑多な用事こなしながら宵のだんじり運行の管理をしてる
交通警備に割ける人員なんかあるわけがない、うちとか特に人手がない
だんじり押す人間が足りてないのに(宵は休みとれない会社が近年殆ど)
そういう現状も知らず事前に打診もせずいきなり「決まったことなので」
後出しジャンケンで交通誘導マル投げ、到着時間の指定
「県道封鎖したらいいんじゃないか?」やれるもんならやってみいや!
マル二日も幹線道路を独占できるわけがない、祭礼に感心ある人ばかりでは
ないのです、運送屋さんや幹線バス会社からクレーム来るのは必至だ


昭和10年あたりまでの世代だと 口うるさいが己も体を張る人が殆ど
現代の緩さと昭和初期の手前勝手なスピリットを併せ持つのが団塊世代
権利やら正論は頑張って主張するが責任負わないし人の話を全く聞かない
ええとこなし、いうやつです 法を守らない警察みたいな感じ
早く年とって現場から離れて欲しいものだ



明日はいよいよ宵宮 うちの秘密兵器(他府県在住)が炸裂する
ワシが以前やってた子供だんじり唄教室の一期生で 来たときから上手かった
教えることがほとんどなくワシはすぐに抜かれてる ほんとに楽しみ。。。



「あれ誰や!!?」『ワシの教室の・・』「ああ、xxさんの息子か!?」『・・・まあ・・・そう』
ま、こうなる可能性の方が高いわけだが(ワロエナイ)





玉葱は来週頭から収穫(できるかもしれないな)かもしれない(まあ、待って頂戴)




隣村の宵

今週の雨は結構暴風を伴うのが多くて 桜はあらかた散っちゃいました



本日は隣村の賀集の宵宮を見に行ってきた

160410hipparu.jpg

何日も前からだんじりを組み始めて 宵宮の朝に組み上げます

本宮の日は学生や帰省組が加わるが 宵から参加してる面子からすりゃお客さんで
適当な時間になったら消えてしまうので賑わいでしかないわけで
その賑わい連中が告知なく知り合い連れてきて つまらない諍いが起こる事が多い


160410yokome.jpg

よそ者として参加する場合 酒なり祝儀なり届けて「本日はお願いします」
ぐらいは言わなきゃダメだ 
礼儀として、というのもあるが急性アル中とか巻き込まれて怪我とかなった際に
対応できないのでそうすべき
何年か前に中学生が事故で死んだんだが 掻き手がよそ者ばっかりで
統制がとれてなくてそうなった 結局自治会が賠償する羽目になった


160410jinjya.jpg

神社総代の面々 この人らは各地区から選出されて世話人をやってる
地区ごとに(30軒~150軒)10万~20万くらい神社に上納してます
うちだと17万円 だんじりあろうがなかろうが氏子集落は毎年この額を払ってる
田舎の自治会費がやけに高いのはこのせい(25千円は痛いわ)


160410paku.jpg

屋台のアイスは200円  高いのに安く感じる不思議


レンズ買わなくちゃいけない(と独り言)

学びの里って施設があって 普段は入れないらしいんだが、たまたま通りかかり
たまたま解禁されてて初めてお目にかかれた

manabinosato.jpg

おそらく1キロくらいは並木群が続いてたと思うが 
手持ちのカメラではどうしようもなく(引いて撮るのが出来ない立地)
たぶん淡路島で一番の花見どころのように思う 
この光景が奥へ行くほど厚みを増していく感じで、超広角が欲しいなと(言えないw)


momokawamanabinosato.jpg
見分けつくはずもないが、こちらは一宮町(淡路市)の香りの里公園の桜


眼下には田園風景?・・・かと思ってたが牛舎が間近に見えて驚いたがね。
kenkaori.jpg

淡路市(旧津名郡)は昔から畜産、切花などが盛んで
神戸牛、松坂牛の何割かはこの地から出てます(最終的に出荷した産地がその牛の産地)
カーネーションはほぼ独占らしい

yamada2.jpg

賀集八幡→神代諭鶴羽ダム→イングランドの丘→山田村川岸→江井桃川→柳沢
こういう感じで「誰が判るんじゃい!!凸(゚皿゚メ)」(淡路島を北上一途)
二日かけて見て回ったわけですが
一番見事だったのはコイツ↑小さな祠の横にぽつんと・・・




たった一本でこのボリュームって凄いわ。 

ありそうでなかなかない 丸二日も桜見て回ったワシが言うんだから間違いない
ってか祠が小さいのが良い 


山田村入口あたり(だったような)




早めに早めに

160402mizu.jpg

160402mizu2.jpg

玉葱まだですか?という電話がかかってくる時期になりましたが

160402sakurapug.jpg

迷惑なので、そういう電話はしないでくださいwwwww

桜の花散ってからくらいがシーズンインになります まだまだです

160402sakurabk.jpg

満開まで届いてませんが 明日は雨らしいので見物に来ました



花見するにゃまだちょっと早かったね。

このページのトップへ