これはなんですか?犬だしパグだ。

犬デアル事カラノ説明ハ黒パグ(ハチ)の屈辱。しかし飼主に とってはステータスだったりするのである。

常勝軍団

昨年は定植時期の年末に雨続き、活着して間もない二月に多雨&高温と
ボロクソな条件が揃い史上空前の凶作となった

今年度は年末の多雨はあったものの、それ以後はぜんぜん雨降らなくて
ちょいちょい雪が降るくらいのまともな冬だったので、豊作っぽい・・・
なんで「ぽい」なのか?ネギ坊主が多いかもしれないっぽいので「ぽい」なのです



ライバル佐賀はどんな感じかってーと 病気は減ってるらしいがハナから減産傾向なので
例え豊作だったとしても淡路玉葱の販売価格にダメージ与えるほどではないらしい

佐賀は一戸当たりの作付け面積が淡路南部(玉葱産地)の10~20倍ってのが当たり前で
収穫量は凄いがその分管理に手が回らないので順調さを欠くと大ダメージを避けられない
ここ数年は不調が続いてて、かなり目算が狂ったんだと思う 農業ってほんと先が予測できない

290424tama.jpg

国外生産の肥料がずいぶん安かったので 有機肥料以外は輸入物一本に絞りました
国産に比べ成分の比率がかなり大雑把なんですが この通りまったく問題なく育ってる
ちなみに例年に比べ根が荒々しいのは乾燥時期が長かったからと思う






200424puriri.jpg

23日(日)に恒例のキショい唄コンクールに出場しました 今年は参加団体が増えたので
さすがに「無い」だろうと思ってたんですが 申し訳ないことにまた優勝してしまった・・・
初優勝時→来年は負けへんからな!とライバルが祝福してくれた
二連覇→おめでとう。くらいは言ってもらえた
三連覇→会場で話しかけられる率がガクッと下がった
四連覇→誰も目を合わせてくれない。あいつら大人げない、という声が漏れ聞こえる
五連覇→「優勝は北阿万キショい唄同好会2000ですっ!」・・・シーン・・・
もうね存在自体が無かったかのような扱いですね、ざわつきもしない




例の品 10k送料込み2500円(今週はこの価格) 
メールボックスが迷惑メールで満杯でスクロール量がハンパないので
非コメでのみ受け付けます。よろしくです。





スポンサーサイト

世界に一つだけのボク

玉葱は順調に育ってます。もう収穫してもいいかもしれない

一方ワシは・・・痩せるサプリ呑んでたら10キロちかく育ってしまいました
もう収拾がつかないですね ダイエットするにも体が重すぎて動けないです



今年は歌の指導係兼会計なので 宵宮は花受付を一人でやってました

花持ってくるのが年寄りばかりなので 車から降りないんですよ
100キロ超のワシが車まで走ってって金一封を受け取ってました
知らん人が見たらワシが車とめて銭せびってるようにしか見えないかもです

290416maturi.jpg
(悪人面+日焼け+サングラス+100キロ=知らない人でも優しくされて困ります)

本宮では一緒に歌いました(奥さんようやくカメラに慣れてきたような)



15番までだんじりあるのに ま~た今年も一番をひいてしまいました

290416isidan.jpg

一番は正午過ぎなので お客さんが少なくて嫌いです 3~6番が混んでてちょうどいい
ちなみにワシはお客が少ないと足が震える性質です 観客が100人切ると声も震える




宵宮の日 ワシが公民館で番してる日に4回歌って
3回もしくじるとはなにごと??
練習が足りなかった?ノンノンちがう
初心者が多くて緊張したから?ノンノンそれも違う
さあ歌おうかってなってからの流れがまったくなってなかったからそうなった
くどいくらいに各パートの確認して、太鼓の子にも曲の確認して
子役の子にも分担確認して、「もうわかってるから大丈夫だから」言うくらいに
してあげないとダメなんですよ
そうしないと誰かがリズム狂ったり、太鼓が打ち損じた時に「止まる」んです
「間違ったかな?」「フェードアウトして誤魔化そうかな」これがシンクロして完全に止まる
指標になる「声」がないとこんなもんです(そうです僕です)
宵宮は居ない、これは早くから判ってたことなのでそのように準備してきました
けれども「だろう」「俺じゃなくても誰かがリードとるだろう」思ってっからこうなった
もう18年も経つのに、いつになったらソリスト現れるんだろう、やってらんないわ









290400ume.jpg

今年からの子役さんに マルにそっくりなのが来ました
言うこと聞かない・何事も自分が一番・喧嘩ばっかりする・じっとしてられない
すぐ飽きる・かまってあげないとすぐ拗ねる・しかし愛嬌があって声だけは天下一品

あれやね、頭の小さい奴って声高いよね 小さいっていうか狭い人(犬)
難産最高~~~~(なんのこっちゃ)
このページのトップへ