これはなんですか?犬だしパグだ。

犬デアル事カラノ説明ハ黒パグ(ハチ)の屈辱。しかし飼主に とってはステータスだったりするのである。

型を決めらんとイカン

だいたいが 苗の定植とか嫁さんや婆さんに押し付けるのですよ 農家の旦那衆は

ウチは施肥・耕運・定植まで殆どワシ&ワシ+老夫婦がちょっぴり働く という図式になってる

軟弱野菜は平らな場所に植えないと歪な形になっちゃうって知ってますか? 
幼苗の付近が凹んでると雨降った時に更に穴が大きくなって結果、根が乾いてしまいます
単純な作業ですがこれが銭に変るんや!」という意識が無いとそういうとこが疎かになる

中腰の素人さんや老人は すぐに腰が痛くなって>>雑な植え方をする ですので極力触らせない

お日様が昇ってる限り「永遠に中腰で居られるフォーム」を身に着けていれば話は別ですが・・・
定植フォーム

曲げた膝に肘を乗せてロック。

ターンするときも肘乗せた足が軸になります 重心は常に軸足 
上体の重みは殆どロックされた左足にいく これで「腰が痛い」てな泣き言は出なくなるんですよね
近隣で「働き者だ」と呼ばれてる人たちは必ずこのような完成されたフォームを持っています






若いころ、中高生に混じって空手習ってたんですが 基本形の「猫足立ち」というのがあって 
フォームは大事
腰の高さは随分変るが、とても似てますよ

内緒ですが毎年祭の時期には役立たせていただいてます(酔っ払いは太ももに一撃で戦意喪失)
攻めるも守るもバランスの良い重心維持してこそ破綻が出ない 基本のフォームはとても大事なのです








週末農家やってるサラリーマンが多い地域ですが だいたい午後になると使いものにならなくなってて

「よくもそんなに植えられますね」て話になるが
だます
見てますと 「自分はこんだけ植えた」と言いたいがために一区画ずつ定植終わらせてるようで
んで区切りのいいとこまで進んだら、途端に疲れが出て(実際は気持ちが切れてるだけ)
しょうもない楽ちん仕事見つけて、終いにゃ夫婦喧嘩しとる、って図式が多い

苗植え切っても殺虫剤やらなきゃならんし 追肥もせにゃならんし草も引かなきゃならん
農業に作業の完了はない、常にループしてるんですから ひとつの作業を完全に終わらせたらダメなんです
次の仕事をこなしつつ今やってる作業を徐々に詰めていく、て形でないと気持ちは簡単に切れてしまいます


未来のことばかり考えてると不安になってヤル気が失せてくる

過去の失敗にしがみついていては今が疎かになってしまう

気持ちの重心は常に「今」 すぐに「今」へ戻れる状態で前後の事を考えていく のがベストじゃないのか





と思ったりする。













残り4000本! (やっぱりツライわ!)


関連記事
スポンサーサイト
夏に逆戻りですか? | Home | そう来るか?

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ