これはなんですか?犬だしパグだ。

犬デアル事カラノ説明ハ黒パグ(ハチ)の屈辱。しかし飼主に とってはステータスだったりするのである。

視察に行ってきた

圃場整備事業(田んぼの区画整備)の一環で今年も農業法人の視察に行ってきた(強制)

香川観音寺:高速オンリーで2時間半の片道
kannnonji.jpg

農業法人の作り方

1;田んぼは持ってるが跡継ぎが居ない農家から田んぼを一定数借りる(10aで年3000~10000円)
2;代表者二人選出
3:申請
4:認可>操業開始

えらい簡単に書きましたが、だいたいこんなもんです
各県の指定する規模の農地を確保して申請したら殆ど通る、と思って間違いないですね
例えば30ha=50件程度の農家が集まれば普通に超える面積でございまして(規定はこんくらい)
ワシんとこだと30件も寄りゃあ可能です、ほんとに大した事無いですよ(資本金以外は)
非農家であっても立ち上げられます、やってみますか? ワシはやらんけども。





年商二億 従業員15名+研修生&ポラバイト13名 役員は二名

代表者の月給が100万 現場責任者が35万 その他の社員は15~19万だそうです
研修生とポラは更に半分くらいの賃金かと思われます
やっすい給料で月5日しか休み無くて、そりゃ農業興味あってもすぐ辞めますわね



0207hou.jpg

去年もそうだったけど

南あわじから来ますた。からの会話の流れはテンプレ化してまして
「~と、このような実績があるんですが... 南あわじの方には興味の無い話ですよね?」の前置きがつきます
これは仕方の無いことで、って言うのは前にも書いたけどこっちの農家の平均預貯金は5千万ってのが通説で
(ウチは該当しませんが)年収1000万クラスの農家がゴロゴロしてる地域って関西じゃ珍しいんですよ
そりゃ言われます。


0207kouba.jpg

結局、農業法人の強みって一個の団体が広大な農地保有してること、に尽きますよ

「無農薬で~」「通年確保を~」「この品種に限定して~」とか
農協や個人農家じゃ請け負えないレアな作物の大量注文を引き受けられるのが魅力なんですよね

ちなみにこの法人も玉葱作ってるらしいが、あまりにも作業が辛いとかで年々減らして行ってるらしい
で、研修生=アジア諸国からの実質出稼ぎ労働者、なんですが その人たちでさえ音を上げる作物が~
ウチの主力商品って複雑~~ ...




0207senka.jpg

サイトで「農業しませんか?」の募集してるらしいんだが。

これが結構、人来るらしいですよ けど二、三年持たないで辞めるのがほとんどだと

わかるわ。 素人さんの持ってるイメージとはよっぽど掛け離れた「量」だもんね
ワシが今、一人で収穫してんのが白菜ですが、それでも週に3tはこなしてますからね
一個3キロを1000ね。そんで売上げが10何万とかですから しかも雇われだと相場の楽しみも無く
それがズーーーーーーっと続いたらそら辞めますわ 字が書けないくらいの状態が延々続くんですから。



0207tun.jpg

結論

農業法人や農事組合法人など幾つか見てきたが 役員以外の労働&暮らしぶりは「クソ」
非正規で工場で働いてんのとなんら変らない そして経営者は人情に希薄な者じゃないとやってけない





農業は個人が至高。







雪降ってきた。(大雪注意報出たわ)
関連記事
スポンサーサイト
遇機待ち稼業 | Home | 初夏かな?

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ