これはなんですか?犬だしパグだ。

犬デアル事カラノ説明ハ黒パグ(ハチ)の屈辱。しかし飼主に とってはステータスだったりするのである。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪貨は良貨を駆逐するのか?

「口を大きく開け」「思い切り声を出せ」「もっと感情を込めろ」「満々に息を吸い込め」
というアドバイスを新入りにする (現役のベテラン唄方に滅法多いなこのタイプ・ニワカ先輩)
 
声楽やら全然知らんけどそりゃ間違ってると思うワシなんだが
とはいえ先々代のお師匠も先代のお師匠も「そうゆう方面」については関心が薄かったので
跡を任されてるこのワシも確たる根拠は持ち合わせておらず・・・ しかし

2r_08_fudo[不動20裕理]

「口を左右に開くのは良いが縦に大きくするのはダメ」
「コントロールできる範囲の声量で出すこと」
「感情とか要らない、むしろ邪魔。正しい発音と表現力を磨くべき」
「ギリギリ使いきれる程度の息を溜めろ」
てな感じで他人さまにアドバイスしてます(ことごとく逆やね)

おそらく他の様々な分野の玄人から見れば「それもどうだろうか?」と なるかもしれないが
一年のうちのたった一ヵ月半、それも一回二時間の稽古を13日程度 楽譜無しセオリーゆるゆるとか
限られた条件の中で限られた人材で「ほどほどに聴ける集団歌謡」を作り上げるのですから致し方なく
(ほどほど~さえ危ういけど)


ろなうど

感情ガー?>>>そりゃ観客が勝手に想像するものであってプレイヤーは冷静であるべきだし
ボール思い切り蹴ったらコントロールが定まらんし
必要以上に大きなモーションはフォームの崩れを生み出すだけでな~んのご利益も無い



(自称ベテラン唄方) 
                                    (ワシの心の声)
今年こそ石段の上で唄って拍手喝采を浴びたい!>>>(喉作ってからにしてください)
去年はしくじったけど今年はイケルと思うんです!>>>(そりゃただの願望だ)
このパートなら得意中の得意なんで自信あるっす!>>>(苦手の要因は得意分野でも顔を出すのさ)
やっと唄い方が解ってきたんや!>>>(今更スタート地点に立った、て現実は理解してないんですね)

くろはちって意地悪いな~・・・ と思うかもしれんが
毎年同じ唄を唄ってて、人によっちゃ10年くらい同じソロパート与えられてんのにさ
「おはようございます」程度の短いイントネーション憶えられないとか意味が判らんねん
もしくは一旦憶えたはずのフレーズを翌年にゃすっかり忘れてるとか理解不能やねんワシには!
ってゆうか百歩譲って忘れることもある、として なんでそのままの状態で稽古に来るのかね
いつまでたっても「録音と唄ってるときの聴こえ方が違う不思議~」って言ってる時点で無いわ
繰り返し聴いてないだろが。 繰り返し聴き比べてないじゃろがい。
と 思うわけですよ。




幼い頃からの環境ガーとか 音感の差ガーとか リズムがどうにモー、とか そりゃ個々に能力差は出る
そこはしょうがないし責めるとこではない 天分ってのはデカイ確かに。
けどワシが腹立ってんのは巧拙の部分じゃないのよ 取り組む姿勢のヌルさに腸煮えくり返っとるのさ

archery1.jpg

弓で的射んのに テクテク歩いてきてそのまま無造作に放つかね? 
動作に入る前から用意してると思うのよ(やったことないけど)
放った後でもむやみに態勢崩さんと思うのよ(触ったことさえないが)
フラットな状態で矢を送り出すために「肝心」の場面の後先にも心配ってる、と思うわけですよ
だから非力な女性でも力強い正確な射的が出来る、んじゃないか?と思うんですよ(知らんけど)
(ってか何故、弓?)

410kouya_20140412103649e1d.jpg
ま、そりゃイイとして(ええんかいっ!(´・ω・`*)

とにかく! 太鼓も叩けらんし正確な音階もなぞられらん者は!ドヤ顔で新人の指導すんなや!と言いたい

言わんけどね 誰も居なくなるからねwwwwwwww












イソジンが手放せません。。。








近年多くの愛好団体で唄われるようになった「朝顔日記」という曲があって
しかし^それ^は唄いやすくアレンジされた代物であって 原曲の持つ魅力をかなり損なっちゃってます
おそらく後10年もしたら原曲=アレンジ曲、という認識に変ってしまうかもしれない
今日びの唄方からすれば、単純に「振り」が難しいので排除されつつあるのだと思いますが
なんでもかんでも歌い手を選ばない曲にしてしまうのは納得いきませんね




過去、二つの団体で取り組んで しかしいずれも「難しすぎる」という理由で取りやめになった曲
「生写朝顔日記大井川の段」
三度目の正直が何時になるか想像もつかないが いつの日か精鋭集めて年寄りどもの度肝を抜きたい
と思ってます。







関連記事
スポンサーサイト
クロハチパトロール巡回中www | Home | 来ましたですわよ~

コメント

きっしょい唄にも 段ものってあるの?

2014/04/12 (Sat) 20:46 | にあ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

忠臣蔵七段目一力茶屋の段、三段目とか六段目九段目もポピュラー
玉藻の前三段目・・・ってか大概付いてて当たり前のような。
何々の段、って付いて無い方が稀少かも知れない。

2014/04/13 (Sun) 01:00 | くろはち #- | URL | 編集

ほほーーーーーーーーう


ぐーぐる先生に聞いたら 上演されることが多い特定の段の総称としても用いる なのね

目からうろこ

2014/04/13 (Sun) 19:49 | にあ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

きしょい唄で実働中の演目は60くらいと聞いてるが
忠臣蔵シリーズは人気の3・6・7・9の他に外伝シリーズも多々あってそれらも人気が高い

段=劇中のワンシーンって認識だが初見の人には話の流れ全然判らんでもおkな作りやね
「半沢直樹十段目副頭取土下座の段」>>>1~9観てなかったら「はん?」て、なるよな。

2014/04/13 (Sun) 22:17 | くろはち #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。