これはなんですか?犬だしパグだ。

犬デアル事カラノ説明ハ黒パグ(ハチ)の屈辱。しかし飼主に とってはステータスだったりするのである。

オッサン対オッサン

日頃よく関わる年齢群だからかもしれないが やっぱり団塊世代ってめんどくさい
それより上の世代の方がシンプルで素直だし、ゆとり(笑)がとか言われるが
ゆとりのほうがぜんぜん質がいい 前から思ってたことだが最近再認識した

マル投げ世代と言うべきか 口は出すが尻は拭かないってのが団塊組には多い

自治会連合会の発案で宵宮を地元のお寺の境内でやろうじゃないか。となり
(普段は公民館の駐車場とか工場の空き地とかで宵宮の集まりを行う)
(子供らの安全、観客の安全、利便性を考えてそのようにしてる)
しかし警備については「各祭礼団でうまくやってくれ」←出来るかいな・・・
本宮の前日なんで忙しいのだ我々は。
花受付とかだんじり組立てとか本宮の飲食物の用意とか法被の管理とか
そういう雑多な用事こなしながら宵のだんじり運行の管理をしてる
交通警備に割ける人員なんかあるわけがない、うちとか特に人手がない
だんじり押す人間が足りてないのに(宵は休みとれない会社が近年殆ど)
そういう現状も知らず事前に打診もせずいきなり「決まったことなので」
後出しジャンケンで交通誘導マル投げ、到着時間の指定
「県道封鎖したらいいんじゃないか?」やれるもんならやってみいや!
マル二日も幹線道路を独占できるわけがない、祭礼に感心ある人ばかりでは
ないのです、運送屋さんや幹線バス会社からクレーム来るのは必至だ


昭和10年あたりまでの世代だと 口うるさいが己も体を張る人が殆ど
現代の緩さと昭和初期の手前勝手なスピリットを併せ持つのが団塊世代
権利やら正論は頑張って主張するが責任負わないし人の話を全く聞かない
ええとこなし、いうやつです 法を守らない警察みたいな感じ
早く年とって現場から離れて欲しいものだ



明日はいよいよ宵宮 うちの秘密兵器(他府県在住)が炸裂する
ワシが以前やってた子供だんじり唄教室の一期生で 来たときから上手かった
教えることがほとんどなくワシはすぐに抜かれてる ほんとに楽しみ。。。



「あれ誰や!!?」『ワシの教室の・・』「ああ、xxさんの息子か!?」『・・・まあ・・・そう』
ま、こうなる可能性の方が高いわけだが(ワロエナイ)





玉葱は来週頭から収穫(できるかもしれないな)かもしれない(まあ、待って頂戴)




関連記事
スポンサーサイト
下手くその上級者への道程は・・・ | Home | 隣村の宵

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ